ラミネートニベアとは

ラミネートニベア

歯の表面を薄く削り、セラミックを貼り付ける治療法です。付け爪のような感覚で、お口の見た目を美しくすることができます。

当院では、アメリカUCLAで習得した知識と技術により、患者様一人ひとりに合わせた治療を提案させていただきます。

ラミネートニベアの症例

症例1:歯列矯正後に行った方法

治療前

治療前

治療中

ラミネートニベアによる治療

歯列矯正後、ラミネートニベアによる治療を実施。

治療後

ラミネートニベア

前歯4本がラミネートニベアです。

症例2:前歯の大きさを揃えた方法

治療前

不揃いな歯

歯の大きさや幅が不揃いになっています。

治療後

ラミネートニベア

前歯4本にラミネートニベアを行っています。

犬歯には、コンポレットレジンを詰めました。

症例3:ガミースマイルへの治療

治療前

歯肉の露出

上歯の歯肉が露出しています。

治療後

ラミネートニベア

前歯を中心に6本のラミネートニベアを行いました。合わせて、歯ぐきの形成治療も行っています。

術前シミュレーション

モックアップ

当院では、ラミネートニベアの術前シミュレーションを行っています。「モックアップ」という仮歯を使い、歯を削る前に一度イメージを確認していだきます。

治療中は「ロビショナルレストレーション」と呼ばれる仮歯を入れるので、日常生活に支障なくお過ごしいただけます。

モックアップについて

術前シミュレーションに用いる仮歯です。日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米では仮歯を使ったシミュレーションが行われるのが一般的です。

モックアップを使ったシミュレーションを行うことで、患者様のイメージも正確なものになります。

※モックアップは術前シミュレーションのみに使われます。

ラミネートニベアの治療の流れ

初診・カウンセリング

カウンセリング

歯科医師またはTC(トリートメントコーディネーター)によるカウンセリングを受けていただきます。患者様のお口の状況を確認しながら、治療計画と費用を提案いたします。

モックアップ作成

モックアップ作成

術前シミュレーション用の仮歯の型取りを行います。石膏の歯型に、レジン素材(歯科用プラスチック)をつけていきます。モックアップは現在のお口に装着できるので、治療後のお口の状態をイメージしやすくなります。

治療スタート、仮歯の型取り

仮歯の型取り

患者様が治療に同意されたら、治療期間中の仮歯の型取りを行い、製作に入ります。ラミネートニベアの治療の前に、お口の写真撮影とレントゲン撮影を行います。虫歯があれば、先に治療を優先します。

歯の形成と色合わせ・仮歯の装着

歯の色合わせ

ラミネートニベアをつけるスペースを作るために、歯を削ります。歯は薄く削るため、歯質が弱くなることはありません。歯の形成後に再び歯型を取り、歯科技工士が前もって製作した仮歯を装着します。

ラミネートニベアの製作

ラミネートニベア

歯科技工所へラミネートニベアの製作を依頼します。ラミネートニベアの製作には1週間から10日程度かかります。

セット/完了

ラミネートニベア

できあがったラミネートニベアを装着します。色や全体のバランスに問題がなければ、接着して治療終了となります。治療後に経過観察が必要な場合は、1、2回の通院が必要になることがあります。

お問い合わせ

〒416-0944 静岡県富士市横割1-19-150545-61-2198平日9:00-13:00 / 14:30-19:00
休診/日・祝

アクセスはこちら

診療時間
  • JR東海道本線「富士駅」より徒歩3分
  • 新幹線「新富士駅」より車5分